何度でも

祈り イラスト 阿閉真琴

移ろいゆく 喜びも悲しみも

ここに留まることなく

色 形 思い 感受

またここかと心あらためる

———-

生きる

それは痛みだと誰かが言う

「痛みは幻だ」と旅人は話した

————

それでも痛いのは嫌だと誰かかが言う

特に心が痛いのは嫌だと

「現象と幻に好きも嫌いもない」と旅人は答える

————

あなたは何者なのか

私は何者なのか

諸法無我の海で

全ては移ろい

形を変えながら

消え去ってゆく

———–

汚れは重ねられ

物体は朽ちようとも

光が汚れることはない

雲が覆っている

それだけのこと

太陽と月を仰ぎ

この心身から

生まれ出ずる光

———–

手放すことから優しい呼吸が始まり

遠い過去からのさまざまな荷物を知る

———–

リュックひとつになれるのはいつのことだろう

いつになれば答えを教えてもらえるのだろう

あきれるほどに

継続される

苦しさを現象を

受けとめながらも

いつの日かきっと

あゝそうだったのかと

安らぎに至るのでしょうか

————

風が騒ぐ朝も

陽は昇る

チャンスは与えられる

明日では遅すぎる

今 このとき

優しい深呼吸と

丁寧な気づきを

ありがたく

見つめていたい

そんなことを

思う朝です

Creative NEO

Follow me!

フォローする

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x