コラム 移ろいゆく時の中で

気がつけば、もう11月。

春の花々の芽吹きも遠く。

夏の暑さも遠く。

短く感じられた秋の空気は過ぎ去り、

冬を迎え、日々、朝夕は肌寒い。

もうすぐで2020年も過ぎて2021年を迎える。


ぼくは今、小さなワンルームにポツンとある

仕事机から南の空を見ています。

ゆっくりとした流れの向き、

よく見れば雲は東から西へ、

今朝の雲の流れは、あまりにもゆっくり。

時に、西から東への流れのようにも感じられる。

どちらでもあるのでしょう。


今、PCに文字を打った後、

また空を見上げたなら

ゆっくりなはずの流れの空、

聡明に広く青空が広がっている。


時の流れ、

雲の模様、

生きてゆく日々の景色、

移ろいゆく。


時々、今まで出会ってきたすべての生命。

彼らは天使、もしくは神々など

崇高な存在の化身だったのではないか

という気持ちになることがあります。


日々の作業、

思いの葛藤から

やがてまた、

気づきから離れ、

自分勝手な心が芽を伸ばし始め

なんらかのきっかけで、

また現れる。

そうであったなら嬉しいという真相。

この世界の実相。


世の中はいいものだと

人生のほとんどの日々を、

そう信じて生きてきたつもりでありながら

そう思えない日々もあり、

思ったようにはならないことばかりのように、

感じられることもある。


でも、やはり、

ぼくたちが生かされているこの世界は

いいものなのだと思うのです。

命あるかぎり、

生きるだけの価値はある。

苦しみの原因は、

自分自身で生み出してしまってきたものだ。

修行の場なのでしょう。

学びの場なのでしょう。

ほんの少しの娯楽と、

圧倒的な気づきの場なのでしょう。


幼い頃は疑いなんて何もなかった。

見たくはないような現象、

見ることもあったけれど

それさえも、

誰がどのような立場になるかというのは

すべて無知が呼び出す、

片面。


また気づきある日々が来れば

やはり世界はいいものなのだと

ぼくはそう思いながら、

気づきながらこの人生の果てを見てみたい。


両親、ご先祖様、親族、パートナー、友達、仲間、仕事、

すべての生命、生きとし生けるもの、

出会いのすべて、

間違いなく天使だったのでしょう。

これからもそれら、

すべて天使なのでしょう。


今日はもう少し、

いつもよりももう少し、

心に笑顔を温めてみます。

しっかりと朝を始めてみます。

あなたが幸せな気持ちでいられる一日でありますように。

世界が平和でありますように。

NEO

PAGE TOP