阿閉真琴一覧

マインドフルネス

美しい天空 イラスト 阿閉真琴

人生をあきらめそうになったことは何回もあった。

すべてが仕組まれたことのように感じてしまったり、

自分自身への懺悔から、もうこの人生をやめようと思ったこともあった。


現実を見ることはとても大切なことだ。

ならば何をもってして

ぼくらはそれを現実と呼ぶのだろう。

もしもこの世界。

現実が全てというならば、目に見えるものしかないのだとすれば、なぜ人々は冠婚葬祭のセレモニーを執り行うのか。


目の前にある現象を、これが現実だと言うのならば、あらゆることが人間を主体として考えてゆくのであれば、なぜ人々はこんなにも占い、宗教、風水に頼るのか。

「もっと着実に現実を見て」と言いながら、なぜ人々は神社仏閣へと向かうのか。


瞳をひらけば世界が見える。

瞳をとじたなら、

そこからは遥か広がる闇がある。

闇は闇としてよく見るならば、そこにまた光が現れる。

“心”が現れる。

真の心。

真心。


占いなんてもういいよ

不思議がスタンダード。

あるがままに


心を見ずに、ただ目的のために

生きてきてしまったのかもしれない。

便利さを追いかけすぎた。

ぼくは便利さを望みすぎたかな。


作詞家になった時、受け取った音源はカセットテープだったんだ。

部屋には、その時のカセットテープが今もある。

かなり貴重な資料だと思うのです。

あの頃、東京の事務所へご挨拶に伺う時、もちろんナビなんてない。

iphoneなんてまだまだ先のお話。

派出所でおまわりさんに尋ねて、地図を見せていただいて、勘のみでたどり着いた。

まるで昨日のことのようだ。


なんでもない田舎の少年が、ありえないような待遇境遇を与えられた。

気がつけばヒット曲を書いてしまっていた。

今となればもう、あれはなんだったのかと思うほどに、不思議な世界のシフト。


作詞家になってからの数年、ぼくは呼吸をしていたのだろうか。

それさえもよくわからない。

もっともっと若き日のぼくは、呼吸を大切にしていた。

目の前の人と呼吸を合わせる。

そうして、人間関係のバランスをとっていた。

元々がマイノリテイー。

どこかあぶれ者な空気感があった。

いつだって心の中で祈っていた。


祈りを忘れないように。

あなたの祈りを大切にしてほしい。

偉そうだけれど、

あとじにそんなことを言われたくない。

ごもっとも

だけれど、

あなたの祈りを大切にしてほしい。


自分自身の人生を最後の最後に救うのは祈り。

それは本当のことだと思います。

宗教なんてなんだっていい。

自分教でもいいから、

あなたの祈りを思い出してほしい。


祈りは叶えられる。

たとえ起きてくる現象が思った形と違っていたとしても、祈りはぼくたちの悲しみを癒してくれる。

祈る優しさが自分自身を包み込んでくれる。


“心”  の上に ”今”  と書いて “念” と呼ぶ。

良き念を心に。

世界は揺れ動いている。

もっともっとこれからも

不思議なことはあるでしょう。

矛盾で溢れることもあるでしょう。

だからこそ祈りを。

まっすぐな祈りを。

祈りはきっと、

風の色さえも変えてしまえるほどの

ぼくたちへの力ある贈りものなんだ。

この人生を歩むために

光として

杖として

羅針盤として

友として

祈りはある。

 


終わらない旅の果てに

お絵描き イラスト 阿閉真琴

生まれた日の使命は、まだ心にあるだろうか。

あの日、光の下で生まれた日

小さな手に握りしめていた願い

泣いていた

岸を出る時に決めてきた想いは

いつか知ることができるだろうか

———–

旅人は教えてくれた

-考えるな 怖れなくていい-

————–

与えられている使命

成せるだろうか

————

何が正しくて何が本当かなんて

この瞳のホールに見える世界は万華鏡みたいに移ろうから

————

ここは

宇宙から覗く地球なのでしょうか

大地から覗く宇宙なのでしょうか

————

身体

一枚の壁

その向こう

5つの穴から感じる 世界はパノラマ

目 耳 鼻 口 皮膚 心

見守るそれぞれの感覚 超えた 感覚

—————

ライオンと共に「眠らせないさ」と奮えている

終わらせない

夕焼けに吠えている

—————

優しい白鳥よ 心の安らぎで白い羽を広げて

————

旅人は 話してくれたんだ

-考えるな 怖れなくていい-

-現象は幻を 連れてくるだけさ-

果実の皮をナイフで剥いて あの日ぼくに旅人は微笑みをくれた

—————–

右か左かなんて 風に聴いても答えはない

————

優しい呼吸は伝わってくる

心の中のライオン

あなたも そうでしょう?

あきれるほどに まだ

旅は続くみたいだね 果てしなく

終わらない歌 心には スクリーンには響いているだろうか

———–

優しい呼吸をしよう

風は伝えようとする

人生は苦しみだよ それでも価値がある

あきらめながら あきらめないでいなさいと

矛盾さえ 楽しもうか

風のように 土のように

水のように 火のように

あるがままを観て 怒りも喜びも超えて

触れあうことを知って ただ受け入れ歩むだけ

あなたが望む変化はあなた自身で見るしかない

今は迷いにいても きっとそれで いいんだ

必ず気づけるはずさ 魂の叫びと感謝

それしかないだろう

Creative NEO


気のお話

天つ気が分け与えられ ありがたい

無理な気合い ほぐしあい

和気藹々と気前よい

ありたいものです寒い日々にも

———–

これはちょっとと思うときは

相手の気を食わぬように

心得ながら話したら

気に食わん!

というのでしょう

そりゃ食えませんわと高楊枝

————-

お高くとまって話していたり

それは嫌われたりします

気高い流れにのりながら

または生みながら

話すとなぜでしょうか 好かれます

———–

誰ともずっと会わない日々に

気・他に・ないという日々に

気他ない(汚い)

なんてならぬように

しっかり心に気をつけましょう

または気の他を

感じる内にモヤモヤと

気他内(きたない)ことに

見えたりしたり

気が心身 欲離れたり

霊のようであるなりなり

気霊(きれい)とでもいってみたり

気が礼する姿勢に 気の嶺を見たり

あゝ綺麗(きれい)はそうかと心を洗う人に

————-

嬉々とするなら

危機ですよ!

たいてい天使が現れて

気が気じゃないって諭すけど

ほとんど誰にも見えてない

雨と嵐はメッセージ

————

気が来て気来(きらい)となるのでしょうか

素な気に素気(すき)になるのでしょうか

それも全ては気分なら

人の心は 春空 雪雲


明日の色はわからないなり

気っといいことあるといいなあ

優しい呼吸

気を取り入れつつ

心を込めて…

Creative NEO


心に

ワンダフルギター イラスト 阿閉真琴

生まれてきた理由を探した

重ねた日々が嘘に見えて

何かに気づいてしまいそうで

空を見上げた

————-

何かを手にするたびに

知らず知らずに何かを失い

どこかで誰かを傷つけている

————-

このままじゃいられないと

身体も心も言うのに動き出せない

———–

美しいたましいは刹那

瞬間の中で生まれ滅しまた生まれ

それでも消えもせず増えもせず

白でもなく黒でもなく

決められた形はなく

————

何が正しいの

失った光をもう一度だけ灯しあおう

世界と共しあおう

———

夜はいつも明けようとする

慣性に抗おうとする人々

感性に心ひらき願いを完成に

歓声よ請願に拍手を感生よ

導き給え

———-

こんなぼくが格好をつけた言葉

笑われてもいいさ

漆黒を超えた青

漆黒を超えた赤

漆黒を超えた白

漆黒を超えた黄色

幾重にも重なった

美しさ 醜さ

これはこうだなんて

型にははめないでいて

———–

想念にも

概念にも

観念にも

微動せず

できないことなど

何もないだろう

Creative NEO


さがしもの

ロビンとロボット月の船 阿閉真琴

昨夜からさがしものをしていた

ないとこまるから

引き出しという引き出しを開け

それでも見つからなかった

—————–

そうすると

世界へ 疑いの気持ちが

生まれそうになる

それを何度も追いやりながら

「まあいいか」

そう思って眠りについた

——————

朝になって

目覚めて探してみても

やっぱり見つからなくて

だからぼくは

あの言葉を思い出していた

「私たちの前からは何もなくなりはしない」

——————-

何度もこの言葉

思い出していたら

引き出しの奥から

伝えようとする

何かを感じた

———–

あるもんだなと思った

出てきたんだ

さがしもの

————

世界を疑わなくてよかった

この世界はいつだって

敵なんてない

それをつくり

生み出すのは自分自身

————

「私たちの前からは何もなくなりはしない」

———–

あなたももしもさがしものがあるときは

思い出してみてください

そしてこの言葉も思い出してみてください

「さがしものがある」

そう 必ずある

全ては見る角度  聞く角度

思う角度  感じる角度

———–

「私たちの前からは何もなくなりはしない」

———-

生命でさえも

物体は形を消したとしても

なくなりはしない

———–

疑わないことが愛

疑わないことが世界

きっと今日も

いいことがある

Creative NEO


PAGE TOP